誰でも薄毛になる可能性がある?

誰でも薄毛になる可能性がある?

薄毛といえば、男性の頭を思い浮かべることが多いですが、実は男女ともに誰でも薄毛になる可能性はあります。薄毛になる原因として、ストレスやホルモンのバランス、生活習慣の乱れなどが挙げられます。その中でホルモンのバランスというのは、年齢を重ねるごとに誰でもバランスが崩れたり乱れがちになってしまいますから、誰でも髪の毛が薄くなってしまう可能性があります。他人事だと考えずに、定期的に髪の毛や頭皮の状態をチェックすることが必要です。

モテる男性が薄毛になった訳

モテる男性が薄毛になった訳

テストステロンは積極性や決断力、闘争心などを高め、男性を象徴するホルモンのひとつで、実に女性の20倍~40倍も分泌されています。モテる男性はテストステロン値が高い傾向が多く、女性の目には非常に魅力的に映るようです。一方、テストステロンはAGA(男性型脱毛症)の原因とされるジヒドロテストステロンに変化。ただしテストステロンの分泌の多い人が必ずしも薄毛になるわけではなく、テストステロンで毛乳頭に攻撃を受けやすい体質の人が薄毛になりやすいのが理由のようです。

モテる女性が薄毛になった訳

モテる女性が薄毛になった訳

モテる女性がある日急激に薄毛になる理由は、精神的なストレスや女性ホルモンのバランスの低下などが示唆されます。また何らかの病気を抱えている方は薬の副作用などのケースもあります。あまりよく知られてはいませんが、抜毛症といって自分で髪を抜いしまう心の病もあります。男性の薄毛よりも女性の場合は、デリケートな問題を抱えていることが多いです。産後の女性であれば一時的に抜け毛が多くみられる傾向もあります。いずれにせよ本人にとっては深刻な問題です。

髪がある時と無い時の違い

髪がある時と無い時の違い

薄毛治療やウィッグの宣伝広告を見ると、髪がある時とない時の比較写真がよく掲載されています。この2つの違いを見比べると、髪がある時は若々しく清潔な印象を受けますが、ない時は実年齢より老けており性格が暗そうという印象を受けます。とくに、俗に言う「バーコードハゲ」というものになると若い女性からは不潔で性格が悪そうというマイナスイメージを持たれてしまいます。同一人物なのに髪がある時とない時では第一印象が大きく異なるのです。

若ハゲについて

若ハゲについて

若ハゲは10〜20代に引き起こされる薄毛の症状のことをいいます。まだ禿げる年齢ではないにもかかわらず薄くなってしまう状態のことをいい、若年性脱毛症とも呼ばれます。原因は遺伝や男性ホルモンの影響によってヘアサイクルが乱れることで引き起こされるとされています。改善するためには、ストレスを溜めずホルモンバランスを整えると同時にバランスのとれた食事、適度な運動をしながら、脱毛予防効果のある育毛剤を使用します。洗髪方法などを見直し、改善できない場合には病院に相談することもオススメです。