誰でも薄毛になる可能性がある?

誰でも薄毛になる可能性がある?

世の中には、薄毛やハゲになるのは遺伝だと思っている人が沢山いますが、誰でもなりうる可能性があります。

髪が多くてフサフサなうちは、自分は大丈夫だと思うのですが、急に薄毛になると不安になるものです。薄毛は誰もがなりうる可能性のある病気なので、原因をしっかり把握しておく必要があります。

基本的な薄毛の原因は、ヘアサイクルが乱れて成長期が短くなることなのですが、成長期が短くなる原因は、生活習慣や食生活、ストレスなどが考えられます。

髪の毛が薄くなる前は、多少抜けても気にすることはなく、両親がフサフサの場合は、特に切迫感を感じることはないでしょう。

しかし、大丈夫だと言いきれる人は1人もいないわけで、誰でも薄くなる原因や要因は持っているものです。たった1つの要因で薄毛が進行していく場合もあり、様々な要因が積み重なってハゲる人もいます。

人は誰しもハゲる可能性を持っているということを認識しておきましょう。

薄毛になる確率とは?

薄毛になる確率とは?

ある年齢になると男女問わず、薄毛が気になり出す人が多くなってきます。薄毛になる確率は、白人が高いと言われており、国別で見ると日本は薄毛になる確率は26%なので、日本男性の約4人に1人が薄毛になる計算になります。

薄毛になる理由として、男性の場合は、男性ホルモンが影響している事や遺伝もあると言われています。女性の場合は、ストレスやホルモンの減少、ホルモンバランスの乱れが関わっているようです。

若い世代でも気にする人が増加傾向にあります。若い世代の理由には、シャンプーやパーマ、ヘアカラーなど頭皮を傷めている可能性がある事が原因である事もあります。

髪の成長には、栄養は欠かせません。改善や予防をするのであれば、生活習慣や食生活の見直しを行ったり、正しい頭皮マッサージを行うと良いかもしれません。

薄毛にならないようにするには?

薄毛にならないようにするには?

薄毛対策の基本は生活習慣を整えることです。その内容としてはまず食生活を見直すことが大切です。髪の成長のためには良質な栄養を補給しなければいけませんので、髪に良い栄養を積極的に摂取した方が良いでしょう。

良質な睡眠で育毛を促すことも欠かせません。睡眠は髪にとって活発に成長する大事なタイミングですので、毎日の睡眠の質次第で髪の成長が左右されるといっても過言ではありません。

適度な運動も薄毛対策に有効です。血行を良くすることで育毛の促進になりますから、体を動かす習慣を持つことは大切です。

反対に体を動かす習慣がないと血液がどろどろになりやすく、髪の成長を滞らせる原因にもなりますから注意しなければいけません。