生活習慣が原因で薄毛になる?

生活習慣が原因で薄毛になる?

薄毛の原因として、その多くは生活習慣が深く関係しているといわれています。まずは不規則な睡眠の影響です。睡眠は人間を含むすべての動物にとって非常に重要な生活習慣です。

夜眠っている間に髪の毛は成長するといわれていますが、食料などの都合によって、昼夜が逆転してしまう習慣がある人を、髪の毛が成長する時間に睡眠をとれない人が見られます。

そして食生活の影響です。食費を抑えたり、ダイエットをしたり、好き嫌いが多い場合には、栄養バランスの崩れた食生活をおくることになります。食生活が偏ることで、体が必要としている栄養素が足りなくなってしまいます。

そして運動不足も影響してきます。運動不足が続くと、血液中の脂肪分が消費されなくなり血管が詰まってしまいます。血流量が減少してしまい、髪の毛に必要な栄養が行き届かなくなってしまいます。

病気が原因で薄毛になる?

病気が原因で薄毛になる?

薄毛の原因は色々あり、遺伝やストレス、生活習慣などがよく取り上げられていますが、病気でなることもあるので注意が必要です。

男性の薄毛の原因の90%はAGAと言われていますが、病気が原因で脱毛の症状が現れることもあります。どのような病気が薄毛と関係しているのかと言うと、代表的なのが糖尿病です。

糖尿病になると血管の働きが悪くなり、栄養が細胞に届きにくくなるので、髪の毛が成長できなくなります。また進行すると、失明や心筋梗塞、脳梗塞などの重篤な病気を引き起こすことになるので、注意しないといけません。

甲状腺疾患も薄毛と関係している病気で、甲状腺ホルモンが少なすぎたり、逆に多すぎたりすると髪の毛が抜けやすくなります。高脂血症も血中の油脂分が多くなって、毛細血管の流れが悪くなるので、抜け毛が増加し、薄毛につながります。

睡眠が原因で薄毛になる?

睡眠が原因で薄毛になる?

薄毛は睡眠の状態が原因で起こる可能性があります。髪が育つのは、深い睡眠をしているときに、成長ホルモンが分泌され毛母細胞を活発化させることによって、髪を成長させます。

そのため、髪が育つためには、深い眠りにつく必要があります。しっかり寝ているという人の場合でも、睡眠の質が悪いとそれが薄毛の原因となってしまう場合があります。

先にも書いた通り、髪を成長させるためには深く質の良い睡眠をとる必要があります。質の良い睡眠をとるためには、交感神経を刺激してしまい寝つきが悪くなってしまうため、寝る前2時間前にはやめて、リラックスした状態で寝ることが大切です。

朝起きたら朝日を浴びることで、セロトニンというホルモンが発生し、その後、眠気を引き起こすメラトニンというホルモンが14時間から16時間で体内に分泌するので、しっかりと眠ることができます。また、普段から運動を心がけることもお勧めです。