食生活が原因で薄毛になる?

食生活が原因で薄毛になる?

ついつい外食やコンビニのお弁当で、食事を済ませてしまうという方も多いのではないでしょうか?バランスの悪い食生活が続くと、薄毛の原因になってしまうケースがあるので注意が必要です。

髪の毛を作るために必要な栄養素をしっかり補わなければ、髪が細くなったり抜けやすくなってしまいます。特にタンパク質・ミネラル類・ビタミン類は意識して補いたい栄養素です。

髪はケラチンという成分で作られるのですが、このケラチンを作る為にはタンパク質を摂取する必要があります。食事で摂ったタンパク質をケラチンへと変えるのは、亜鉛というミネラルです。

ビタミンEなどのビタミン類は、頭皮の環境を整える働きがあると言われています。食生活を見直して健康な髪を作るのに、十分な栄養素を摂るという事が薄毛対策には必要です。

ストレスが原因で薄毛になる?

ストレスが原因で薄毛になる?

薄毛に悩んでいる人は、シャンプーを変えてみたり、育毛剤を使うなど様々な対策をおこなっているかもしれませんが、どれだけやっても効果がないという場合には、薄毛の原因がストレスである可能性もあります。

そもそもなぜストレスで薄毛になってしまうのかというと、ストレスがたまることで、人間の体内の血管は終息しがちになってしまいます。

これにより血液が流れにくくなり、栄養が全身に行きわたらなくなってしまいます。これによって髪の毛がやせ細り、抜けおちてしまう原因になります。

またストレスに悩まされている人は、ゆっくりと眠ることができないかもしれません。睡眠は薄毛対策には非常に重要です。

眠っている最中に髪の毛は成長しようとしているので、睡眠不足が続けば、髪の毛は請求をすることができずに薄着につながる可能性が高いということです。

ホルモンが原因で薄毛になる?

ホルモンが原因で薄毛になる?

男性ホルモンが原因で薄毛になるという噂はありますが、実際のところ、薄毛の原因として挙げられるのは、DHTと呼ばれる男性ホルモンの一種です。これが毛乳頭の受容体に入ることで、毛根が細胞分裂をやめて、しまい薄毛となってしまいます。

このDHTという男性ホルモンは、5α-リダクターゼという酵素によってテストステロンが変化したものです。そのため、正確に言えば、この5α-リダクターゼという酵素が作られやすい人が薄毛になる可能性が高いということができます。

その酵素が多いか少ないかということは遺伝によって受け継がれます。特に、母方の父親からの遺伝が強いといわれており、母方の父親からの隔世遺伝が原因と言われます。

しかし、確実に遺伝すということも断言できないうえ、普段からの生活習慣によるものが多いので生活習慣を見直すことが薄毛にならないためには必要です。